かすかなグロー

行動援護従事者養成研修

​行動援護従事者養成研修は知的障害や精神障害によって行動が極めて困難な障害者等に対して日常で介護が必要とするものについて、その障害者の特性を理解する事、支援計画の作成や住居内、外出時での危険を回避する為に必要な援護に関する知識及び技術を得ることを目的とした研修です。

研修日程 令和4年度
​開催回
​1日目
2日目
​3日目
​第1回
 9月24日(土)
​10月15日(土)
10月22日(土)
​第2回
11月 5日(土)
​11月26日(土)
12月 3日(土)
​第3回
 2月25日(土)
 3月11日(土)
 3月25日(土)
募集定員

第1・2回 各6名
第3回   12名

研修費用

​35,000円(税込・テキスト代含む)

研修会場

朝霞市産業文化センター 研修室兼集会室

会場地図
産業文化センター地図 (1).jpg
研修カリキュラム
​1日目
​2日目
3日目
講義
 9:30~11:00
強度行動障害がある者の基本的理解
11:10~12:40
強度行動障害に関する制度及び支援技術の基本的な知識①
13:20~15:20
強度行動障害に関する制度及び支援技術の基本的な知識②
15:30~17:00
強度行動障害に関する制度及び支援技術の基本的な知識③
17:10~18:40
強度行動障害のある者へのチーム支援①
講義
 9:30~11:00
強度行動障害のある者へのチーム支援②
11:10~11:40
強度行動障害と生活の組み立て
演習
11:40~12:40
​基本的な情報収集と記録等の共有
​13:20~14:50
​行動障害がある者の固有のコミュニケーションの理解①
15:00~16:30
行動障害がある者の固有のコミュニケーションの理解②
16:40~18:10
行動障害の背景にある特性の理解
18:10~19:10
障害特性の理解とアセスメント①
 9:30~11:30
演習
障害特性の理解とアセスメント②
1.5時間
5時間
3時間
0.5時間
1時間
3時間
1.5時間
3時間
11:40~12:40
環境調査による強度行動障害の支援①
13:20~15:20
環境調査による強度行動障害の支援②
15:30~17:00
記録に基づく支援の評価
17:10~18:10
危機対応と虐待防止
3時間
1.5時間
1時間

住所:埼玉県朝霞市大字浜崎669-1
<交通のご案内>
〇東武東上線朝霞台駅徒歩約5分
〇JR武蔵野線北朝霞駅徒歩約5分
〇市内循環バスわくわく号 膝折・溝沼線、根岸台線
 産業文化センター入口下車徒歩約1分
〇駐車場有り
​〇駐輪場有り

 ※研修日により研修会場が異なります。
​  研修会場は受講決定メールにてお知らせいたします。
​受付終了
​受付終了

​※会場の都合により日程が変更になる場合があります。

【​行動援護従事者養成研修・強度行動障害支援者養成研修の整理図】

①強度行動障害支援者養成研修

 行動援護従事者養成研修

​ (平成27年4月~同カリキュラムに統合)

②重度訪問介護従事者養成研修

​ (知的・精神)

行動援護従事者養成研修

強度行動障害

支援者養成研修

​(実践研修)12h

強度行動障害

支援者養成研修

​(基礎研修)12h

※身体障害者の重度訪問介護​従事者養成研修を修了した者でも、知的・精神の重度訪問介護に従事することは可能だが、「強度行動障害支援者養成研修(基礎課程)』のカリキュラムを修了することが望ましい。

「基礎研修」の修了後に「実践研修」を

受講すること(実践研修のみの受講は

​認められない)

重度訪問介護従事

養成研修

​【行動障害支援課程】

12h

行動援護従事者養成研修​

 (~平成27年3月まで)

※4時間分が足りないが、

生成27年3月までに終了した者は、

​①を修了した者とみなす。

平成27年3月までの

行動援護従事者

養成研修

​20h